dynabook T551/58CB 内蔵ハードディスクを交換する


 本ノートパソコンが不調(詳しくは、『処理速度低下は故障の予兆か…』をご参照下さい。)になってから、その状態で6ヶ月以上も放置してしまいました。当方の修理意欲が、未だ減退気味である事を、改めて自覚させられた次第です…。
 さて、dynabook安心サーポート様へ聞いたところによると、初期不良があって返品された商品は、ベンダー(製造元)様へ返納しているとの事でした。そして、リモコンを除く補修部品の販売に関しては、一般消費者様を買主とする様な事はなく、特定の修理販売会社様へ卸すのみと伺っています。


 という事は…、
 以下に掲載している画像中のこの商品〔MQ01ABD075R〕は、どういう販売経路を辿って当方の手元へ届いた事になるのでしょうか。所謂「横流し」に関しては、東芝様がベンダー様に対して行わない事を強く指導していると伺っておりますので、当該部品を卸したその先のお店がルールに従わず再販〔転売〕しているのかもしれません。

 まぁ、どうであれ〝バッタもん〟である事に間違いはないでしょう…。191123 Blog用掲載画像①

 それでは、過日購入したリファービッシュ品に交換したいと思います。作業環境については、クリーンルームではない一般住宅の一室で行う為、せめて室内及び卓上を掃除し、手洗いをした後に本作業へ着手したいと思います。(そう、単なる気休めです…。)191123 Blog用掲載画像②-01

 本ノートパソコンを裏返すと、脱着可能なバッテリーと内蔵HDDの化粧蓋を取り外す事が可能です。バッテリーの取り外しは、予期せぬトラブルを回避する目的を持って行います。また、内蔵HDDが収まっている化粧蓋も取り外しますが、この蓋を固定しているビスは、たったの1本のみでした。191123 Blog用掲載画像②-02

 ビスをご覧頂くと、水色の付着物があります。「ネジ止め剤」でしょうか…。191123 Blog用掲載画像②-03

 当方は、化粧蓋を取り外すのに指先を用いましたが、痛みに堪えながらの作業となりました。指先の代わりにマイナス・ドライバーを使用した方が、賢明と言えそうです。これ程強固に蓋が装着されているのですから、本来なら“たったの1本のみ”も不要なところ、製造者責任を果たす意気込みから、敢えてビスも使用したのだと思われます。191123 Blog用掲載画像②-04

 内蔵HDDの装着方法は、これで良いのか…という程の簡単さです。ビス等で固定されていない内蔵HDDには、多少のぐらつきが伴うと思うのですが、ソケットへの負担は大丈夫なのでしょうか。(いやはや、建築の「片持ち梁」という言葉をふと思い出しました。)191123 Blog用掲載画像③-01191123 Blog用掲載画像③-02191123 Blog用掲載画像③-03

 内蔵HDDの取り出し完了です。191123 Blog用掲載画像③-04

 装着されているシールドは、換装する内蔵HDDへ付け直さなければなりません。既存の内蔵HDDに対するシールドの取り付け方法は、左右合わせてビス4本で締め付けているだけでした。191123 Blog用掲載画像④-01191123 Blog用掲載画像④-02191123 Blog用掲載画像④-03

 リファービッシュ品の寸法は、既存のものと同一に思われます。そして、外観並びにその形状についても、類似性が見受けられました。191123 Blog用掲載画像④-04191123 Blog用掲載画像④-05

 シールドを取り付けたビス頭に対し、収納庫の両側にその通り道が設けられていますので、換装したいHDDを装着する際は、前述のビス頭がその通り口に挿し込まれる事を必ず確認しておかなければなりません。191123 Blog用掲載画像⑤-01

 リファービッシュ品をソケットへ挿入します。

 余談となりますが…、
 家電量販店のサービスカウンターの窓口の方より、メーカーのご担当者様以外による内蔵HDDの交換は、禁止されていると聞いた事があります。自前で内蔵HDDを交換したパソコンについては、メーカー修理の際にその受付を拒絶される可能性がありますので、本交換作業の着手に関しては慎重に検討した方が良いと思われます。当方は、本機種の主要な補修部品の在庫が既に無くなっている事を確認(詳しくは「補修部品の在庫が無く万事休す」をご参照下さい。)した上で、メーカー修理に期待出来ないと判断した為、本作業を行っています。191123 Blog用掲載画像⑤-02

 そして、化粧蓋を再び閉れば、本交換作業は終了です。191123 Blog用掲載画像⑤-03

 メーカー様へご依頼して内蔵HDDを交換した際には、材工共で金30,000円以上のご請求があると聞いています。(リカバリーもご依頼するのなら、なおさらの事でしょう。)本ノートパソコンの後継機種〔P2T5LPBG〕を購入すれば、金150,000円を超える出費が伴いますので、今般試みた本作業の金銭的価値は、十分あったと考えています。

 本ノートパソコンのリカバリー後、windows7が無事立ち上がってくれれば、この上なく喜ばしい限りなのですが、果たしてどうなりますやら。


 それではまた何時の日か、別途掲載記事にてお目に掛かりましょう。さようなら…。



【本記事をご参照される閲読者様方へ】
 本記事の内容に従いメンテナンスを図ろうとする方は、その全てのご判断と生じる結果に対し、ご自身でその責任を甘受しなければならない事を予めご承知おき下さい。“自己責任”は、インターネット上で無償公開されている情報を利用する者にとっての最低限の〝マナー〟なのです。

以 上

コメント

非公開コメント

運営者から一言

我 流

Author:我 流
 高度な情報社会となったお蔭で、過去の想い出が沢山詰まった不動のオーディオ達を、幸いにも甦らせる事が出来ました。これ等を粗大ゴミとして破棄せず、常に傍らに置いて保管し続けた事が無駄ではなかったと、心から思えた瞬間です。
 今後とも、これ等の可動状態を維持すべく、より一層〝我流〟に磨きを掛けていきたいと考えています。

 そうそう…、
 小学生当時に録音した楽曲を聴くと、本当に心が和みます。年齢を重ねる度に〝ノスタルジック〟に浸るひと時が、幸せに感じてしまう今日この頃です。

パソコン時計

自己責任のお願い

本ブログへ掲載した情報に従い、修理等を図ろうとする閲読者様方については、 全てのご判断と生じる結果に対し、ご自身でその責任を甘受しなければならない事を、予めご了承下さいます様、よろしくお願い申し上げます。「自己責任」は、ネット上で無償公開されている情報を利用する者にとっての最低限のマナーなのです。         我 流

順 位

[ジャンルランキング]
ライフ
759位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
38位
サブジャンルランキングを見る>>

ご来訪者数

上記来訪者数は、平成31年4月30日に閉鎖したYahoo!ブログ上における本ブログの来訪者数が含まれております。【閉鎖時の来訪者数:852件】

検 索 欄

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

BLOG RANKING サイト

にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
本ブログを閲読下さいました皆様方の中で、掲載された記事に関して評価に値するとお考え頂けた際には、誠に恐縮ではございますが、上記のロゴマークをクリック(ランキング一覧が表示されます。)して、何卒ご声援の程賜りたく、宜しくお願い申し上げます。      我 流