アイドラーゴムを清掃・研摩する


 本資料記事では、アイドラーゴム(以下、「アイドラータイヤ」という。)の清掃・研摩について言及します。本作業の目的は、アイドラータイヤの摩擦力を上げて、リール台でのスリップ防止を図る事にあります。


 なお、本資料記事の一部記載に於いて、当方の私見を述べておりますが、素材やその状態により此れに当てはまらないケースも考えられますので、予めご承知おき下さい。


<->-<->-<->-<->-<->-<->-<->-<->-<->-<->-<->-<->-<->-<->-<-><->-<->-<->


<前置き>

 カセット・デッキを自己修理するに当たり、経年劣化したアイドラータイヤに対して措置を講じる際は、現状に合う最適と思われる方法を採用しなければいけません。当方は、アイドラータイヤの滑りに対して、今日に至るまで幾つかの手法を試みて参りましたが、未だ満足出来る仕上がりに辿り着けません。


 アイドラータイヤへの一般的な措置〔①及び②〕並びに当方が我流で試みた事のある措置〔③及び④〕は、以下の通りです。


  〔具体的な手法

     アイドラータイヤの清掃・研摩

     アイドラータイヤの交換

     フェルトの繊毛カット等

     フェルトの交換


<->-<->-<->-<->-<->-<->-<->-<->-<->-<->-<->-<->-<->-<->-<-><->-<->-<->



a. アイドラータイヤを清掃する

 最も簡易な手法であり、アイドラータイヤの状態によっては、その効果にバラツキが生じます。当該タイヤの接地面に微細な埃が付着して、リール台でスリップを起こしている様子なら、本清掃作業は有効です。但し、当該タイヤが完全に硬化している場合には、この限りではありません。


 アイドラータイヤの清掃に関しては、その接地面を単に拭うだけです。

210410 Blog用掲載画像①-01


 使用するクリーナーは、AMERICAN RECORDER TECHNOLOGIES製の「S-721H」です。6年前までは、国内通販で容易に購入出来る商品でしたが、それ以降は入手するのが困難になっています。この為、当方に措いては、海外通販を利用して多数買いだめする処置を講じています。勿論、国内商品であるオーディオテクニカ製の「AT6037」でも差支えありませんが、その効果には明らかな差が認められます。


【使用後の状態】

 仕上がりの程は、光沢が出ていたアイドラータイヤの接地面がしっとりと変化し、弾力も甦った様な手触り感があります。

210410 Blog用掲載画像①-02


 一方、やや気掛かりなのは、清掃後の麺棒について目視してみると、アイドラータイヤの素材が影響してか、もう真っ黒に変化しています。当該タイヤの表層面を溶解しながら、その汚れを除去しているのではないかと疑ってしまう程です。

210410 Blog用掲載画像①-03

 日本総代理店であった東志株式会社様からは、メーカーサイドよりその様な報告は受けていないと伺っておりますが、それでもなお綿棒の着色具合を拝見すると、そのまま鵜呑みにして良いのか分からなくなります。(東志株式会社様は、2020年6月24日に“破産手続開始の決定”を受けました。)



b. アイドラータイヤを研摩する

 アイドラータイヤの接地面が硬化(又は摩擦力が低下)して、リール台でスリップを起こしている様子なら、本研摩作業は有効です。但し、数十年の経過により当該タイヤが完全に硬化している場合には、最早アイドラータイヤの交換しかその方法はありません。


 アイドラータイヤの研摩に関しては、その接地面を単に磨くだけです。使用するサンドペーパーは、極細目の#1200です。以下へ掲載した画像上の作業目的は、アイドラータイヤを交換した後の成形を兼ねた摩擦力向上にあります。

210410 Blog用掲載画像②-01


 製造過程で付いた“痕”が、全く見えなくなるまで研摩します。

210410 Blog用掲載画像②-02210410 Blog用掲載画像②-03


 研摩後は、アイドラータイヤの接地面を清掃しておきます。

210410 Blog用掲載画像②-04


 研摩後の接地面の荒れたアイドラータイヤを使用すると、カセット・デッキの稼働中にその素材の切れ端が生まれてゴミとなり、メカ部の周辺へ飛び散るのではないかという不安がありました。しかしながら、極細目(#1000以上)で仕上げたアイドラータイヤなら、当方の知る限り、その心配はありません。


【使用後の状態】

 以下へ掲載した画像上のアイドラータイヤは、約1年以上使用したものです。リール・モーターに装着された金属製プーリーによる傷跡は、一切見受けられません。なお、当該タイヤの素材については、エチレンプロピレンゴムの物性を評価して、その硬度は自動車のタイヤ程度とされる指数で“70°”を選んでおいたと記憶しています。

210410 Blog用掲載画像②-05210410 Blog用掲載画像②-06


 一方、このアイドラータイヤは、残念ながら既に使用しておりません。リール台に対する摩擦力の持続性について、当方に措ける様々な不満があった為です。当該タイヤの接地面が影響しているのではなく、素材やその硬度に原因があるのではないかと考えています。



 なお、アイドラータイヤの素材等に対する考察は、該当する資料記事〔仮題『アイドラータイヤを交換する』〕を作成した後で、本ブログへ適宜掲載する予定です。つきましては、誠に恐れ入りますが、当該資料記事を作成する為のお時間として少なからず頂戴致したく、予めご容赦頂ければ幸いです。



 それではまた何時の日か、別途掲載記事にてお目に掛かりましょう。さようなら…。




【本記事をご参照される閲読者様方へ】

 本資料記事の内容に従いメンテナンスを図ろうとする方は、全てのご判断と生じる結果に対し、ご自身でその責任を甘受しなければならない事を予めご承知おき下さい。“自己責任”は、インターネット上で無償公開されている情報を利用する者にとっての最低限の〝マナー〟なのです。


以 上


コメント

非公開コメント

運営者から一言

我 流

Author:我 流
 高度な情報社会となったお蔭で、過去の想い出が沢山詰まった不動のオーディオ達を、幸いにも甦らせる事が出来ました。これ等を粗大ゴミとして破棄せず、常に傍らに置いて保管し続けた事が無駄ではなかったと、心から思えた瞬間です。
 今後とも、これ等の可動状態を維持すべく、より一層〝我流〟に磨きを掛けていきたいと考えています。

 そうそう…、
 小学生当時に録音した楽曲を聴くと、本当に心が和みます。年齢を重ねる度に〝ノスタルジック〟に浸るひと時が、幸せに感じてしまう今日この頃です。

自己責任のお願い

本ブログへ掲載した情報に従い、修理等を図ろうとする閲読者様方については、全てのご判断と生じる結果に対し、ご自身でその責任を甘受しなければならない事を、予めご了承下さいます様、よろしくお願い申し上げます。「自己責任」は、ネット上で無償公開されている情報を利用する者にとっての最低限のマナーなのです。         我 流

ご来訪者数

上記来訪者数は、平成31年4月30日に閉鎖したYahoo!ブログ上における本ブログの来訪者数が含まれております。【閉鎖時の来訪者数:852件】

検 索 欄

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

BLOG RANKING サイト

にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
本ブログを閲読下さいました皆様方の中で、掲載された記事に関して評価に値するとお考え頂けた際には、誠に恐縮ではございますが、上記のロゴマークをクリック(ランキング一覧が表示されます。)して、何卒ご声援の程賜りたく、宜しくお願い申し上げます。      我 流