G2R-2232P-V-USの代替品(互換品)について


 以下に掲載している画像上の商品が、オムロン製「G2R-2232P-V-US」です。

200222 Blog用掲載画像①




 PIONEER A-Y77へ実装されたG2R-2232P-V-US(24VDC)の代替品は、当方の知る限り、以下に列挙したものがその候補として挙がります。但し、完全な代替性は無く、外形寸法や定格性能に相似性があるだけですので、これ等を使用する際には注意が必要です。



  【代替品の候補

    Ⅰ. G2R-2A(24VDC)

    Ⅱ. G2R-2A4-AUL(24VDC) 本商品は、プラスチック・シール形です。


 G2R-2A4-AULは、オーディオ用として販売されており、相当数の受注が蓄積されなければ、オムロン様は一切製造しない〝特注品〟であると伺っております。また、汎用品の取り扱いとは異なり、オムロン様に措いては、本商品を通常在庫していないご様子の為、現在購入出来る品数は市場に流通しているものに限られます。(本商品の生産予定日の開示もございません。)

 なお、本商品の販売単価に関しては、汎用品であるG2R-2Aの倍の価格で設定されています。

200222 Blog用掲載画像②-01200222 Blog用掲載画像②-02



 自己修理を困難にしている一因は…、

 製造中止から30年以上経過したオーディオ機器へ実装された電子部品が、現在既に廃番となっているケースが多い事です。パワーリレーもその例外ではなく、製造メーカーへ代替品の問い合わせをし、時には他社製の同種同等品を探し出さなければなりません。


 例えば、G2R-2232P-Vの製造中止により、オムロン様がその代替品についてご紹介して下さいますが、5年も経たない内に、その代替品が製造中止になってしまうのです。何とか自己修理したい当方は、G2R-2232P-Vの製造中止からその代替品がどう移り変わって行ったのかを時系列で調査し、新たに代替品を見つけ出さなければなりません…。



過去の代替品

  ① G2R-2232P-V ……… 1992年3月末日製造中止〔メーカー推奨の代替品は

   G5R-2232P  ……… 1996年3月末日製造中止〔メーカー推奨の代替品は

   G5Z-2A    ………    不   明   〔    不   明    〕


 上記の様に過去へ遡り調査しても、情報自体が途中で途切れてしまう事は多々あります。G5Z-2Aは、既に廃番となっている模様で、ネット上を検索しても手頃な所での販売は、見付け出せませんでした。そして、オムロン様は、G5Z-2AをG5R-2232Pの推奨代替品として情報開示されておられますが、その取付寸法に大きな差異があり、そのまま実装出来ない事も判明しています。

200222 Blog用掲載画像③-01200222 Blog用掲載画像③-02

 この様な事態になると、もはやオムロン様の推奨代替品に拘らず、G2R-2232P-Vの外形寸法や定格性能に目を向けて、自己責任で他社製を含めながら同種同等品を探す他なくなります。



 当方が思うに…、

 「G2R-2232P-V-US」の代替品については、左記の商品がオーディオ・スピーカーの保護を目的として製造されていた事実を鑑みて、接点が金張りであるオムロン製「G2R-2A4-AUL」を選定するのがベストだと思っています。

 勿論、掛けるコストを抑えたい理由のある方は、汎用品の「G2R-2A」を選んでも、全く問題ございません。



 それではまた何時の日か、別途掲載記事にてお目に掛かりましょう。さようなら…。




〔お知らせ〕 アスカ情報システム様のご紹介については、同社ご担当の方より承諾頂いております。

 今般の「G2R-2A4-AUL」は、アスカ情報システム様から入手出来ました。電子部品の大型店とは違い、商品の品揃えは余り良いとは言えませんが、他店で取り扱っていないものを販売しておられるケースもあり、なかなか侮れないお店だと考えています。


 只今、アスカ情報システム様の〝オーディオ部品〟欄を拝見致しましたが、「G2R-2A4-AUL」は品切れの模様です。“3月上旬入荷予定”と掲載されていますので、今しばらくお待ち頂かなければなりません。あしからずご容赦下さい。


以 上


【本記事をご参照される閲読者様方へ】
 本資料記事の内容に従いメンテナンスを図ろうとする方は、全てのご判断と生じる結果に対し、ご自身でその責任を甘受しなければならない事を予めご承知おき下さい。“自己責任”は、インターネット上で無償公開されている情報を利用する者にとっての最低限の〝マナー〟なのです。

コメント

非公開コメント

運営者から一言

我 流

Author:我 流
 高度な情報社会となったお蔭で、過去の想い出が沢山詰まった不動のオーディオ達を、幸いにも甦らせる事が出来ました。これ等を粗大ゴミとして破棄せず、常に傍らに置いて保管し続けた事が無駄ではなかったと、心から思えた瞬間です。
 今後とも、これ等の可動状態を維持すべく、より一層〝我流〟に磨きを掛けていきたいと考えています。

 そうそう…、
 小学生当時に録音した楽曲を聴くと、本当に心が和みます。年齢を重ねる度に〝ノスタルジック〟に浸るひと時が、幸せに感じてしまう今日この頃です。

パソコン時計

自己責任のお願い

本ブログへ掲載した情報に従い、修理等を図ろうとする閲読者様方については、 全てのご判断と生じる結果に対し、ご自身でその責任を甘受しなければならない事を、予めご了承下さいます様、よろしくお願い申し上げます。「自己責任」は、ネット上で無償公開されている情報を利用する者にとっての最低限のマナーなのです。         我 流

ご来訪者数

上記来訪者数は、平成31年4月30日に閉鎖したYahoo!ブログ上における本ブログの来訪者数が含まれております。【閉鎖時の来訪者数:852件】

検 索 欄

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

BLOG RANKING サイト

にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
本ブログを閲読下さいました皆様方の中で、掲載された記事に関して評価に値するとお考え頂けた際には、誠に恐縮ではございますが、上記のロゴマークをクリック(ランキング一覧が表示されます。)して、何卒ご声援の程賜りたく、宜しくお願い申し上げます。      我 流