Nakamichi RX-505 ローディング・メカを切離す


 ナカミチメカ〔通称:Nメカ〕を分解するに当たり、まずは結合している「本体メカ」と「ローディング・メカ」を切り離します。この一体化した不整形な姿は、Nakamichi RX-505へ搭載されたナカミチメカの特徴であり、他機種では一切見られないものです。

191205 Blog用掲載画像-01




 本資料記事は、以下の不具合を是正する目的で、2018年10月20日から着手していた分解メンテナンスに関し、当方の備忘録として備える事を念頭に、その作業手順に従い主要な工程毎の画像を掲載し、此れに説明文を加えて作成された〝一続きの読み物〟になります。

 〔不具合の内容〕
  一、キャプスタン・モーターの鳴り
  二、アイドラーゴムのスリップ
  三、スライド・スイッチ(オートリバース)の機能不全

 なお、本資料記事の従前作業に関しましては、『ナカミチメカを取外す<其の弐>』に於いて言及しております。



 本体メカをローディング・メカへ固定しているビスの本数は、全部で5本あります。この5本ある内の4本については、ナカミチメカの前面下部に左右夫々近接して2本づつ締め付けられていますので、最初にこれ等を取り外します。しかしながら、1か所で2本も使うとは、荷重の掛かる場所とも思えず、少々贅沢ではないでしょうか…。
191205 Blog用掲載画像-02

 本体メカの裏側に、ローディング・メカへ固定する目的で、リア・ホルダーに締め付られた最後のビスがありますので、本体メカを手で支えながら慎重に此れを取り外します。リア・ホルダーを片方のみとした理由は、コスト削減を加味した結果と拝察致しますが、当該ホルダーを両サイドに設置しなければ、メカの捩じれに対する剛性は図れないものと思われます。
191205 Blog用掲載画像-03

 この段階で、前述した全てのビス5本が取り除かれている為、本体メカを手で持ち上げる事は可能です。しかしながら、スライド・シャーシ上に設置されたカセット・ケースが、本体メカを持ち上げる際に、此れに干渉する惧れがある事から、当該シャーシを少し手前へ引いた後、本体メカを取り上げる様に心掛けます。

【分解メンテナンスの留意点】
 スライド・シャーシを手前へ引く際は、カセット・ケースに指を掛けて行わないで下さい。当該ケースの支柱の破損に繋がりかねない為、この作業の折は、スライド・シャーシの先端を指で摘んで行います。なお、双方のメカを結合させる際には、本資料記事へ記載しているこの切り離し作業を参考にして、事前にスライド・シャーシを手前へ引き、本体メカにある左右のロック・アームを手で広げてから、互いのメカを所定の場所へ合わせる様に行います。
191205 Blog用掲載画像-04191205 Blog用掲載画像-05

 本体メカとローディング・メカの切り離し作業が、完了致しました。本作業は、とても簡単だったと思います。但し、双方のメカを結合させる際のロック・アームの取り扱いについては、お忘れにならない様に注意して下さい。

 当方が分解メンテナンスの過程で一番気を使うのは、メカをデッキ本体から取り除く工程です。無事にメカ部の取り外しが出来たなら、残すはメカの分解作業のみですから、気持ちの上でとても楽になります。


 余談となりますが…、
 今般分解メンテナンスに於いて腑に落ちなかった1つに、ナカミチメカのデッキ本体への装着方法が若干脆弱ではないかという点が挙げられます。また、前述した本体メカとローディング・メカの一体化についても、その剛性が不足している様に思えました。勿論、意図的に設計段階で決定された事柄でしょうし、本機稼働中に具体的な不具合が生じたわけでもありませんので、問題を提起するつもりはありませんが、他社製デッキを多数取り扱う当方にとっては,その強度について疑問が残る結末となりました。

 なお、同社製680ZX並びにCR-70では、メカ部の上下をシャーシへビス止めして固定する方法が採用されています。(閲読者様方のご参考までに、以下へその画像4枚を掲載しております。)

<680ZX> シャーシの上下に夫々ビス3本を使用。
191205 Blog用掲載画像-06a191205 Blog用掲載画像-06b

<CR-70> シャーシの上側にビス1本、下側にビス2本を使用。
191205 Blog用掲載画像-07a191205 Blog用掲載画像-07b
 ご覧頂いた通り、ローディング・メカのみでシャーシへ固定する本機とは、設計段階でその発想が異なっていたと思われます。無知な当方は、本機の固定方法の採用理由について、今も全く見当が付かないままでいます。閲読者様方に措かれましては、如何ご推量為されるでしょうか。


 次回掲載する資料記事に於いては,いよいよ今般分解メンテナンスの事由の1つとして挙げている“キャプスタン・モーターの鳴り”に対して処置を施します。


 それではまた何時の日か、別途掲載記事にてお目に掛かりましょう。さようなら…。
 


〔次回のお知らせ〕
 只今、この度掲載した資料記事の続き物となる『(仮題)キャプスタン・ベルトを取外す』について、その構成案を検討しております。つきましては、誠に恐れ入りますが当資料記事の作成期間として多少のお時間を頂戴致したく、予めご了承頂ければ幸いです。 ヨロピク!! \( ̄  ̄ *)))
 なお、現在本ブログに掲載している一連の資料記事及びその関連記事については、以下の通りです。是非、一度閲読くださいませ。


 (RX-505 分解メンテナンス・シリーズ)
    掲載第1号/資料記事『ナカミチメカを取外す<其の壱>
    掲載第2号/資料記事『分解メンテナンスの留意点
    掲載第3号/資料記事『ナカミチメカを取外す<其の弐>
    掲載第4号/資料記事『コネクターの取扱い
    掲載第5号/資料記事『ローディング・メカを切離す』

以 上

【本記事をご参照される閲読者様方へ】
 本資料記事の内容に従いメンテナンスを図ろうとする方は、全てのご判断と生じる結果に対し、ご自身でその責任を甘受しなければならない事を予めご承知おき下さい。“自己責任”は、インターネット上で無償公開されている情報を利用する者にとっての最低限の〝マナー〟なのです。

dynabook T551/58CB 内蔵ハードディスクを交換する


 本ノートパソコンが不調(詳しくは、『処理速度低下は故障の予兆か…』をご参照下さい。)になってから、その状態で6ヶ月以上も放置してしまいました。当方の修理意欲が、未だ減退気味である事を、改めて自覚させられた次第です…。
 さて、dynabook安心サーポート様へ聞いたところによると、初期不良があって返品された商品は、ベンダー(製造元)様へ返納しているとの事でした。そして、リモコンを除く補修部品の販売に関しては、一般消費者様を買主とする様な事はなく、特定の修理販売会社様へ卸すのみと伺っています。


 という事は…、
 以下に掲載している画像中のこの商品〔MQ01ABD075R〕は、どういう販売経路を辿って当方の手元へ届いた事になるのでしょうか。所謂「横流し」に関しては、東芝様がベンダー様に対して行わない事を強く指導していると伺っておりますので、当該部品を卸したその先のお店がルールに従わず再販〔転売〕しているのかもしれません。

 まぁ、どうであれ〝バッタもん〟である事に間違いはないでしょう…。191123 Blog用掲載画像①

 それでは、過日購入したリファービッシュ品に交換したいと思います。作業環境については、クリーンルームではない一般住宅の一室で行う為、せめて室内及び卓上を掃除し、手洗いをした後に本作業へ着手したいと思います。(そう、単なる気休めです…。)191123 Blog用掲載画像②-01

 本ノートパソコンを裏返すと、脱着可能なバッテリーと内蔵HDDの化粧蓋を取り外す事が可能です。バッテリーの取り外しは、予期せぬトラブルを回避する目的を持って行います。また、内蔵HDDが収まっている化粧蓋も取り外しますが、この蓋を固定しているビスは、たったの1本のみでした。191123 Blog用掲載画像②-02

 ビスをご覧頂くと、水色の付着物があります。「ネジ止め剤」でしょうか…。191123 Blog用掲載画像②-03

 当方は、化粧蓋を取り外すのに指先を用いましたが、痛みに堪えながらの作業となりました。指先の代わりにマイナス・ドライバーを使用した方が、賢明と言えそうです。これ程強固に蓋が装着されているのですから、本来なら“たったの1本のみ”も不要なところ、製造者責任を果たす意気込みから、敢えてビスも使用したのだと思われます。191123 Blog用掲載画像②-04

 内蔵HDDの装着方法は、これで良いのか…という程の簡単さです。ビス等で固定されていない内蔵HDDには、多少のぐらつきが伴うと思うのですが、ソケットへの負担は大丈夫なのでしょうか。(いやはや、建築の「片持ち梁」という言葉をふと思い出しました。)191123 Blog用掲載画像③-01191123 Blog用掲載画像③-02191123 Blog用掲載画像③-03

 内蔵HDDの取り出し完了です。191123 Blog用掲載画像③-04

 装着されているシールドは、換装する内蔵HDDへ付け直さなければなりません。既存の内蔵HDDに対するシールドの取り付け方法は、左右合わせてビス4本で締め付けているだけでした。191123 Blog用掲載画像④-01191123 Blog用掲載画像④-02191123 Blog用掲載画像④-03

 リファービッシュ品の寸法は、既存のものと同一に思われます。そして、外観並びにその形状についても、類似性が見受けられました。191123 Blog用掲載画像④-04191123 Blog用掲載画像④-05

 シールドを取り付けたビス頭に対し、収納庫の両側にその通り道が設けられていますので、換装したいHDDを装着する際は、前述のビス頭がその通り口に挿し込まれる事を必ず確認しておかなければなりません。191123 Blog用掲載画像⑤-01

 リファービッシュ品をソケットへ挿入します。

 余談となりますが…、
 家電量販店のサービスカウンターの窓口の方より、メーカーのご担当者様以外による内蔵HDDの交換は、禁止されていると聞いた事があります。自前で内蔵HDDを交換したパソコンについては、メーカー修理の際にその受付を拒絶される可能性がありますので、本交換作業の着手に関しては慎重に検討した方が良いと思われます。当方は、本機種の主要な補修部品の在庫が既に無くなっている事を確認(詳しくは「補修部品の在庫が無く万事休す」をご参照下さい。)した上で、メーカー修理に期待出来ないと判断した為、本作業を行っています。191123 Blog用掲載画像⑤-02

 そして、化粧蓋を再び閉れば、本交換作業は終了です。191123 Blog用掲載画像⑤-03

 メーカー様へご依頼して内蔵HDDを交換した際には、材工共で金30,000円以上のご請求があると聞いています。(リカバリーもご依頼するのなら、なおさらの事でしょう。)本ノートパソコンの後継機種〔P2T5LPBG〕を購入すれば、金150,000円を超える出費が伴いますので、今般試みた本作業の金銭的価値は、十分あったと考えています。

 本ノートパソコンのリカバリー後、windows7が無事立ち上がってくれれば、この上なく喜ばしい限りなのですが、果たしてどうなりますやら。


 それではまた何時の日か、別途掲載記事にてお目に掛かりましょう。さようなら…。



【本記事をご参照される閲読者様方へ】
 本記事の内容に従いメンテナンスを図ろうとする方は、その全てのご判断と生じる結果に対し、ご自身でその責任を甘受しなければならない事を予めご承知おき下さい。“自己責任”は、インターネット上で無償公開されている情報を利用する者にとっての最低限の〝マナー〟なのです。

以 上

人員削減、オンキヨー様の混迷はまだまだ続く


 前出の本編記事に於いて、「日本の音響業界は、間違いなく先細りします。」と記載しました。



 米国のサウンド・ユナイテッド様に対する同社ホームAV事業部を売却する計画が頓挫したのですから、経営陣の頭の中に当事業部の〝リストラ〟という苦渋の選択肢が横切らないはずはありません。当方は、この様な事態になる事を危惧しておりましたが、来年度以降に退職希望者を募るという容で表れるのではないかと推測していただけに、昨日の発表〔IR〕には大変驚きました。

 金融機関からのプレッシャーや今期総会を乗り越えたい目的から、早期に実施するのが最良であると考えたのかもしれませんが、年末年始を控えての今般発表は、会社本位のやや乱暴なやり方の様な気が致します。当該事業部に所属する社員の方々の心中を察するに、将来に不安を感じながらの年越しになるのではないでしょうか…。


 そうそう、来年2月には、本社移転〔IR〕も行われるそうです。大阪に本店を置く上場会社にとっては、“中央区北浜”というエリアに特別な意味があります。東大阪市への移転という決定からは、当該企業の経営立て直しに対する強い意気込み(切迫感)が感じられます。 (≧∇≦)ノ Yes!!



 人員削減の実施に、資金調達の問題を直接的に打開する効果はありませんから、オンキヨー様の苦しい経営環境はまだまだ続くものと思われます。しかしながら、パイオニア・イズムを継承した同社様には、その規模を縮小してでも国内の音響事業者様として、これからも事業継続してほしいものです。


 頑張れ、オンキヨ~!! ワ~イ o(゚∇^☆)フレー\(*^∇^*)/フレー\(☆^∇゚)o ワ~イ



 それではまた何時の日か、別途掲載記事にてお目に掛かりましょう。さようなら…。


レコード針専門店アーピス様の閉店で思うところ


 10月28日に、『残念!アーピスジャパンが閉店』と題する本編記事を、本ブログへ掲載致しましたが、少々思うところを記載しておきたいと思います。



 まず…、

 レコード針を長期保管する際には、経年による金属部の酸化やダンパーゴムの加水分解等による品質低下が問題になります。缶ケースに除湿剤を入れて針を常温で保管する方法がベストと思われますが、完璧な保存方法が無い以上、他店で製造・販売されている品があるなら、“買い溜め”する必要性は無いと思われます。いえいえ、しない方が合理的なのかもしれません。 エッ!! (゚ロ゚屮)屮


 当方が使用するレコード針は、アーピス様が常時在庫管理しておられるので、この度は速攻にて1つ購入するのみとし、“買い溜め”については行わない事を決意致しました。ナガオカトレーディング様へ当方使用針に関してお問い合わせしてみると、正式に注文すればご用意頂けるとの事だったのです。但し、商品という形では在庫管理していない事からご発送に若干の日時が掛かる事と、アーピス様の販売価格より金1,000円程度高額になる事が、少々悩ましい限りです。



 なお、アーピス様のホームページ上では、“閉店”というお言葉を使用されておりますが、商品の製造及び仕入品を含むその販売について中止するご様子の為、レコード針の製造・販売に関してはご廃業する主旨と思われます。当方では、閉店と同時にその他販売ルートを開設為さるのではないかと期待していた事もあって、閉店のショックはより大きくなりました。 (ノДT) アゥゥ…。




 想えば…、

 ここ5年の間に、オーディオを保守するのに必要な部品を供給する複数の企業〔工場〕が、製造中止や廃業に追い込まれました。


 ナカミチのピンチローラー及び麦球の部品供給が終了した事実を聞いた際は、同社製カセット・デッキを維持管理する上で、大きなリスクだと感じました。ピンチローラーの製造中止の原因については、使い回しによる金型の経年劣化という事です。 o(´д`)o ドウスルヨ~。191102 Blog用掲載画像①

<掲載画像は、表題『在庫確認の結果報告について』より転載。>


 そして、麦球の製造中止の主な原因に関しては、働き手の高齢化だったと聞いています。やはり、採算が取れないからこそ、後継者も育たないのでしょう。「RX-505」を除く「DRAGON」等へ搭載されるナカミチメカでは、シャットオフ・ランプに麦球が使用されておりますが、既に正規品が欠品している状態の為、修理する際はその他部位に使用されるべき麦球を致し方なく流用しているそうです。但し、その麦球自体の在庫数も、余り沢山は無いそうです。 Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン!!191102 Blog用掲載画像②-01191102 Blog用掲載画像②-02


 上に掲載している画像に写った麦球は、何れも欠品となっている品物です。勿論、委託工場からの部品の供給はもう見込めません。電圧については、双方12Vで同じ仕様ですが、電流値が互いに異なっています。(左 25mA、右 60mA)


 「680ZX」では、シャットオフ・ランプ、コントロール・ランプ、カセットホルダー・ランプ等を換装する際に、サービス・マニュアルが指定する麦球を使用しなければなりません。シャットオフ・ランプに限って論及するなら、麦球の照度次第ではフォトトランジスターが正常に機能しない場合がありますので、麦球を市場で探す場合には、この点を留意しておかなければなりません。191102 Blog用掲載画像③191102 Blog用掲載画像④



 また、パイオニア様のホームAV事業部のオンキヨー様への譲渡に関しても、当方にとって非常に衝撃的な出来事でした。パイオニア・サービスマンの譲受会社への移籍が叶わなかった事もあって、引き継がれたアフターサービスは、若干手間取っている様に感じられました。パイオニア様からの保守部品の移管はスムーズだったのか、またアフターサービスの技術移転も卒なく行われたのか、当方は疑いを持たざるを得ない体験を致しました…。 (`皿´) ムキーーーー! 


 社員の移籍の無い退職前提のアフターサービスの移管となったわけですから、パイオニアサービスネットワーク様の現場では、当該移管を推進する業務を担った社員の士気は上がるはずもありません。当方が懇意にしていたサービスマンも、この時期にご退職されています。当方が今も保有している「CT-970」や「CT-A9D」の製造当時からアフターサービスに係わって来られた方だったので、これ等機種に関する情報を以後入手出来なくなった事は、とても残念に思います。



 日本の音響業界は、間違いなく先細りします。  ( ̄▽ ̄)ゞ 言い過ぎですなぁ。



 そうそう…、

 東芝製REGZA/DBR-M190へ実装されているピックアップの製造元も、5年程前に倒産しています。大手家電メーカーの下請会社であっても、この様な道を辿るのですね…。


 言い掛かりをつける様な愚痴をこぼしそうになったところで、本記事の作成は、ここで終了しておきたいと思います。



 それではまた何時の日か、別途掲載記事にてお目に掛かりましょう。さようなら…。


運営者から一言

我 流

Author:我 流
 高度な情報社会となったお蔭で、過去の想い出が沢山詰まった不動のオーディオ達を、幸いにも甦らせる事が出来ました。これ等を粗大ゴミとして破棄せず、常に傍らに置いて保管し続けた事が無駄ではなかったと、心から思えた瞬間です。
 今後とも、これ等の可動状態を維持すべく、より一層〝我流〟に磨きを掛けていきたいと考えています。

 そうそう…、
 小学生当時に録音した楽曲を聴くと、本当に心が和みます。年齢を重ねる度に〝ノスタルジック〟に浸るひと時が、幸せに感じてしまう今日この頃です。

パソコン時計

自己責任のお願い

本ブログへ掲載した情報に従い、修理等を図ろうとする閲読者様方については、 全てのご判断と生じる結果に対し、ご自身でその責任を甘受しなければならない事を、予めご了承下さいます様、よろしくお願い申し上げます。「自己責任」は、ネット上で無償公開されている情報を利用する者にとっての最低限のマナーなのです。         我 流

順 位

[ジャンルランキング]
ライフ
786位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
42位
サブジャンルランキングを見る>>

ご来訪者数

上記来訪者数は、平成31年4月30日に閉鎖したYahoo!ブログ上における本ブログの来訪者数が含まれております。【閉鎖時の来訪者数:852件】

検 索 欄

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

BLOG RANKING サイト

にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
本ブログを閲読下さいました皆様方の中で、掲載された記事に関して評価に値するとお考え頂けた際には、誠に恐縮ではございますが、上記のロゴマークをクリック(ランキング一覧が表示されます。)して、何卒ご声援の程賜りたく、宜しくお願い申し上げます。      我 流