Nakamichi CR-70 在庫確認の結果報告について ②


 2019年3月7日、Nakamichi CR-70に関する主要な保守部品について、その在庫内容を確認致しましたので、以下の記載の通り、まずはお知らせ申し上げます…。
 なお、記載している在庫数は、エムエーサービス様が把握されていた帳簿上の値であり、ナカミチサービスセンター様への確認は行っておりませんので、予めご承知置き下さい。


   <在庫数等>
    a.再生ヘッド(@10,500円〔税抜〕) …………………………………   5個
    b.録音ヘッド(@10,500円〔税抜〕) …………………………………   40個超
    c.消去ヘッド ………………………………………………………………  40個超
    d.D.Dユニット(@12,000円〔税抜〕)  ………………………………   10個
    e.リール・モーター(@3,000円〔税抜〕)  ……………………………   20個
    f.コントロール・モーター(@2,000円〔税抜〕)  …………………… 100個超
    g.ピンチローラー …………………………………………………………  


 ピンチローラーは、CR-70に用いられているものだけではなく、DRAGON680ZX、そしてRX-505に至るものまで、全て無くなっているとの事でした。キャプスタン・ベルトを除くバック・テンション・ベルトについては、現在の在庫〔数本程度有り〕が無くなり次第、代替品を探して使用する予定と伺っておりますので、少々留意しておかなければなりません。なお、キャプスタン・ベルトは、現在も製造されています…。

 前述した状況を踏まえ、前回確認した折の在庫数を振り返ってみると、その減り具合は、当方の予想に反してかなり進んでいる様に思えました。

 そう言えば…、
 最近、DRシリーズCR-30等の低廉機を含む。)に人気が集まっている様子で、エムエーサービス様に対する修理依頼のキャンセルが、なかなか出ない程だそうです。これ等に装着されているピンチローラー並びにアイドラー・ユニット等は、CR-70のそれらと共通部品である事が多く、保守部品としての出庫数が増加したと思われます。
 当方の憶測となりますが、1年以上前から某オークションにおいて、Nakamichiの人気機種であるDRAGON等の出品が、殆ど見当たらなくなりました。この影響もあって、比較的出品数の多い前述のDRシリーズ等のカセット・デッキが、その分落札されていたのかもしれません…。

 それにしても…、
 オーディオを愛でる方々に措いては、DRAGONを筆頭にしてオールドナカミチ〔1983年以前に発売された製品の総称です。〕へ人気が流れる傾向が強い為、此れに属しないCR-70〔1985年発売〕の保守部品がここまで減少しているとは本当に驚きの事実でした。(もう、ショックです。)
 


 さて、自己修理が出来る範囲には限界があり、モーターブラシの摩耗による不動やテープの絡まる原因がピンチローラーにあった場合、その改善を目指して処置を施すのは極めて困難な事である為、カセット・デッキを長く使用したいのなら不具合が発生する前にメーカー等に上記部品の交換依頼〔これを「予防保全」と言います。〕を行わなければなりません。6年前なら、保守部品の在庫数が豊富だった事もあり、当該部品の個人購入も可能でしたが、現在では在庫数が少なくなった背景もあって、残念ながら叶わなくなりました。当然ながら、代替品を求める方法もありますが、コンデンサー、トランジスター及び抵抗等の電子部品とは違って、上記保守部品に適合する品を見出す事は難しいと思われます。いえいえ、不可能に近いと言って良いでしょう…。

 この為、当方が現在保有しているCR-70について、今後も長く使用したい思いからモーター類を交換する目的を持って、本機をエムエーサービス様へお送りしたいと思います。なお、急遽決意した事もあって、梱包に使用するダンボール箱を探す時間が無かった為、致し方なく元箱を利用する事と致します。
190309-Blog用掲載画像①
190309-Blog用掲載画像②

 元箱が、運搬中に痛まぬ様に、気泡緩衝材で包装します。そして、ペタペタと注意書きも貼っておきましょう。当方は、3度の運搬事故に遭っており、決してこれ等で回避出来るものではないと思われますが、やるべき対策は講じておきたいのです。
190309-Blog用掲載画像③

 主要な保守部品が無くなる中、モーター類の交換を目的としたメンテナンスは、今回で最後になる予感がします。以前、本機種のリール・モーターも他機種と共通部品である事を、エムエーサービス様より伺っておりましたので、本年中にその在庫が無くなってしまうのではないかと、心配しております。


 それではまた何時の日か、別途掲載記事にてお目に掛かりましょう。さようなら…。

Nakamichi CR-70 在庫確認の結果報告について ①


 2018年10月9日、Nakamichi CR-70に関する主要な保守部品について、その在庫内容を確認致しましたので、以下の記載の通り、取り急ぎお知らせ申し上げます…。



 <録再ヘッド
 全てのヘッドに関して、在庫が有る事を確認致しました。

 3Head搭載機種において、録音・再生ヘッドの交換が可能なのは、「CR-70」のみであると以前聞いた事があります。つまり、所謂“オールドナカミチ”と言われているカセット・デッキについては、一部の機種で消去ヘッドの在庫はあるものの、録音・再生ヘッドに関しては既に無いのが実情です。 p(≧□≦)q イヤーダー!!

 なお、2Head搭載機である「RX-303」については、本日在庫確認をしておりませんが、2年程前に当該機種の録再ヘッドが在庫管理されていた事実は確認出来ております。当該機種のヘッド交換は、余り依頼が無いと当時伺っておりましたので、本交換作業をご希望される閲読者様方がおられるのなら、是非直接関係窓口へお問合せ下さい…。 \(*⌒0⌒)b ヤッテミヨー!!



モーター

 アジマス・モーターを除いた全てのモーターに関して、在庫が有る事を確認致しました。

 しかしながら、アジマス・モーターが無いなんて、少し変だと思いませんか…。
 確かに、アジマス・ボリュームの不具合が多くて、よくその交換が為されていた事実は知っておりますが、モーター自体の耐久性を鑑みると、コントロール・モーター同様にアジマス・モーターも在庫が有って不思議ではありません。当該ボリュームを交換した際に、ご担当された技術者様が予防保全の観点からアジマス・モーターまで交換したものと思われます。何れにせよ、アジマス・モーターが既に無くなっている事は、返す返すも残念でなりません。 。゜゜(´□`)°゜。ワーン!!
 D.Dユニットについては、「DRAGON」の其れと違って、故障率が高いと聞いております。CR-70を愛する閲読者様方に措かれましては、これこそ予防保全の観点から本ユニットの交換について、ご検討為さっては如何でしょうか。なお、本ユニットの価格は、金10,000円也を少々超える程であったと記憶しておりますが、此れを換装する為の技術料も加算されるので、ご依頼される前には直接関係窓口へお問合せ下さい…。 ヽ(`ー´(@^∇゚)/ let's do it…!!


 実のところ…、
 2014年9月に、当方が保有する「CR-70」について、録音・再生ヘッドとアジマス・モーターを除くリール・モーターやD.Dユニット等の交換をしたのですが、その1年半後には、これ等の在庫が既に無くなっている事実を確認出来た為、直ちに本機を“録音専用機”として扱い、極力その使用を控える様に心掛けておりました。 (# ̄З ̄) ショウガナイヨ…。

 ところが…、
 本年3月頃に某オークションにて、再生ヘッドの交換を謳った同機種が出品されていた事を知って、改めて在庫確認をエムエーサービス様へ行ったところ、茨城県にある倉庫の床の上にヘッドやモーター類が多数転がっていた事実が判明し、これ等の交換が可能になった…という事でした。
 勿論、ナカミチサービスセンター様も、ご承知のはずです。

 思わず失笑する程の顛末でしたが、嬉しい事実確認の結果となりました。


 それではまた何時の日か、別途掲載記事にてお会い致しましょう…。さようなら。



 本資料記事が、当ブログの〝掲載〔通番〕第1号〟になりました…。
 実は、掲載〔通番〕第1号として、Nakamichi製カセット・デッキを修理する際に有用と思われる情報について閲読者様方へご提供すべく、只今『(仮題)Let's 修理!』という資料記事を作成しておりましたが、前述の通り「CR-70」の主要な保守部品についての在庫確認を急遽行いましたので、此れに先行して本資料記事を掲載する事と致しました。



余 談
 閲読者様方に措かれましては、f特等の機能が低下したDRAGONと、ヘッドやモーターが交換されたCR-70の、どちらを選ばれるでしょうか…。

 当方は、当然 後者 です。
 だから、4年程前に“ナカミチメカ”のオーバーホールをしたんです。 ( ̄‥ ̄)=3 フン

 んっ…、強く反論する閲読者様方の叫びが幻聴として聞こえて来る様ですが、当方の意見は絶対に変わりません!。う~ん、変えたくないなぁ…、変えなくても良いですよね〜。 


 もう、許して下さいよぉ…。 ε=ε=ε=(ノTдT)ノ ワアァァ・・!  ヾ(^^*) …No problem!

以 上

運営者から一言

我 流

Author:我 流
 高度な情報社会となったお蔭で、過去の想い出が沢山詰まった不動のオーディオ達を、幸いにも甦らせる事が出来ました。これ等を粗大ゴミとして破棄せず、常に傍らに置いて保管し続けた事が無駄ではなかったと、心から思えた瞬間です。
 今後とも、これ等の可動状態を維持すべく、より一層〝我流〟に磨きを掛けていきたいと考えています。

 そうそう…、
 小学生当時に録音した楽曲を聴くと、本当に心が和みます。年齢を重ねる度に〝ノスタルジック〟に浸るひと時が、幸せに感じてしまう今日この頃です。

パソコン時計

自己責任のお願い

本ブログへ掲載した情報に従い、修理等を図ろうとする閲読者様方については、 全てのご判断と生じる結果に対し、ご自身でその責任を甘受しなければならない事を、予めご了承下さいます様、よろしくお願い申し上げます。「自己責任」は、ネット上で無償公開されている情報を利用する者にとっての最低限のマナーなのです。         我 流

順 位

[ジャンルランキング]
ライフ
786位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
42位
サブジャンルランキングを見る>>

ご来訪者数

上記来訪者数は、平成31年4月30日に閉鎖したYahoo!ブログ上における本ブログの来訪者数が含まれております。【閉鎖時の来訪者数:852件】

検 索 欄

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

BLOG RANKING サイト

にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
本ブログを閲読下さいました皆様方の中で、掲載された記事に関して評価に値するとお考え頂けた際には、誠に恐縮ではございますが、上記のロゴマークをクリック(ランキング一覧が表示されます。)して、何卒ご声援の程賜りたく、宜しくお願い申し上げます。      我 流