Nakamichi RX-505 アイドラーゴムを清掃する


 今般分解メンテナンスの事由の1つとして挙げている“アイドラーゴムのスリップ”に対し、その処置を施す前に、〝TSパルス基板〟を取り外します。当該基板の取り外しは、アイドラーゴムの清掃作業をやり易く行う為に実施するものであり、決して必須作業ではありません。

 なお、本資料記事では、その表題に反しアイドラーゴムの交換に必要な情報についても、一部言及させて頂いておりますので、予めご容赦下さい。

200926 Blog用掲載画像-01




 本資料記事は、以下の不具合を是正する目的で、2018年10月20日より着手していた分解メンテナンスに関して、当方の備忘録として備える事を念頭に、その作業手順に従い主要な工程毎の画像を掲載し、此れに説明文を加えて作成された〝一続きの読み物〟になります。


 〔不具合の内容〕
  一、キャプスタン・モーターの鳴り
  二、アイドラーゴムのスリップ
  三、スライド・スイッチ(オートリバース)の機能不全

 なお、本資料記事の従前作業に関しましては、『ナカミチメカを分解する(三)』に於いて言及しております。



 TSパルス基板は、ビス2本で固定されていますので、これ等を全て取り外します。
200926 Blog用掲載画像-02

 後は、手で撤去するだけ…。
200926 Blog用掲載画像-03

 TSパルス基板の搭載は、本機種のナカミチメカが「最終型」である事を示しています。


 かの『DRAGON』では、販売の終了時までナカミチメカを最終型に置き換える事はありませんでした。当該機の販売価格は、金260,000円也です。メカ部の見直しによる販売価格の引き上げは、一般消費者様の購買意欲を減退させる結果につながりかねないという判断があったのかもしれませんが、今となってはその真実も藪の中です…。



 さて、
 アイドラーゴムの接地面を確認すると、全体に無数のスリップ痕が見受けられました。今まで、幾つものカセット・デッキを修理して参りましたが、初めて見る光景です。本機は、2015年12月のエムエーサービス様によるメンテナンスの際、当該アイドラーゴムも交換されている為、手触り感において既に硬化が始まっている状況に、少々困惑してしまいました。但し、このスリップ痕については、前述のメンテナンスをご担当頂いた技術者様から、ナカミチのアイドラーゴムではよくある現象だと伺っております。
200926 Blog用掲載画像-04

 それでは、アメリカンレコーダーテクノロジーズ社製の「S-721H」を用いて、アイドラーゴムを清掃します。清掃方法は、綿棒でアイドラーゴムの接地面をただゴシゴシするだけです。なお、リール・モーターのシャフト先端に装着された金属製ローラーも、「無水エタノール」で清掃しておきます。

 因みに…、
 アイドラーゴムを計測してみると、厚さ3㎜(概測)×外径19㎜(概測)×内径13㎜(概測)でした。当方が何時も利用するアイドラーゴムの購入先は、〝扶桑ゴム産業〔ゴム通〕〟様です。販売価格は、比較的良心的ですし、何より素材としてのゴムの種類が豊富です。

【分解メンテナンスの留意点】
 硬化が始まっているアイドラーゴムに対しては、接地面をサンドペーパー等で研磨するのが最良です。番手は、#1000以上(極細目)がお奨めです。今般処置方法とした理由に関しては、新品のアイドラーゴムへ後日交換する予定があった為、敢えて清掃作業に留め置きました。所謂、その場しのぎというヤツです。
200926 Blog用掲載画像-05200926 Blog用掲載画像-06
 なお、アイドラーゴムの清掃及び研摩に関する具体的な方法は、表題『アイドラーゴムを清掃・研摩する』をご参照下さい。21.04.17/追 記

 さらに、Brake Arm Ass'yのゴム部分も、前述の「S-721H」で清掃します。
200926 Blog用掲載画像-07

 清掃作業が完了したものの、当然ながら目を見張る程の外観上の改善は見られませんでした。硬化が始まったアイドラーゴムの接地面に、多少の弾力性が甦った程度です。新品のアイドラーゴムへ交換する予定が無かったなら、当該アイドラーゴムの接地面を研磨すべき状況です。
200926 Blog用掲載画像-08

 前述した処置を施す事によって、〝アイドラーゴムのスリップ 〟は、一応抑えられている様に見受けられますが、アイドラーゴムの接地面が既に硬化し始めている以上、繰り返される摩擦力の低下により、改めてスリップを生じせしむるのは時間の問題と思われます。

 アイドラーゴムを清掃する手間暇を考えれば、やはりその接地面をサンドペーパー等で研磨しておいても良かったのかもしれません。正しく「後悔先に立たず」です。


 次回掲載する資料記事においては、〝スライド・スイッチ(オートリバース)の機能不全〟に対して処置を施したい為、本機左側のフロント縁飾パネルを分解したいと思います。


 それではまた何時の日か、別途掲載記事にてお目に掛かりましょう。さようなら…。  



〔次回のお知らせ〕
 只今、この度掲載した資料記事の続き物となる『(仮題)スライド・スイッチを分解清掃する』について、その構成案を検討しております。つきましては、誠に恐れ入りますが当資料記事の作成期間として多少のお時間を頂戴致したく、予めご了承頂ければ幸いです。 またね~~♪ (*^-^)ノ
 なお、現在本ブログに掲載している一連の資料記事及びその関連記事については、以下の通りです。是非、一度閲読くださいませ。


 (RX-505 分解メンテナンス・シリーズ)
    掲載第1号/資料記事『ナカミチメカを取外す<其の壱>
    掲載第2号/資料記事『分解メンテナンスの留意点
    掲載第3号/資料記事『ナカミチメカを取外す<其の弐>
    掲載第4号/資料記事『コネクターの取扱い
    掲載第5号/資料記事『ローディング・メカを切離す
    掲載第6号/資料記事『カセットホルダーを引出す
    掲載第7号/資料記事『キャプスタン・ベルトを取外す
    掲載第8号/資料記事『コントロール・ベルトを取外す
    掲載第9号/資料記事『ナカミチメカを分解する(一)
    掲載第10号/資料記事『ナカミチメカを分解する(二)
    掲載第11号/資料記事『ナカミチメカを分解する(三)
    掲載第12号/資料記事『アイドラーゴムを清掃する』

以 上

【本記事をご参照される閲読者様方へ】
 本資料記事の内容に従いメンテナンスを図ろうとする方は、全てのご判断と生じる結果に対し、ご自身でその責任を甘受しなければならない事を予めご承知おき下さい。“自己責任”は、インターネット上で無償公開されている情報を利用する者にとっての最低限の〝マナー〟なのです。

Nakamichi RX-505 ナカミチメカを分解する(三)


 本資料記事に於いては、ナカミチメカ本体に装着されていた謎のワッシャーについて言及したいと思います。 このワッシャーは、当方の知る限り、本機種のサービス・マニュアル(展開図)にも記載されておらず、暫くの間は目的不明なパーツでした。
200704 Blog用掲載画像-01



 本資料記事は、以下の不具合を是正する目的で、2018年10月20日より着手していた分解メンテナンスに関して、当方の備忘録として備える事を念頭に、その作業手順に従い主要な工程毎の画像を掲載し、此れに説明文を加えて作成された〝一続きの読み物〟になります。

 〔不具合の内容〕
  一、キャプスタン・モーターの鳴り
  二、アイドラーゴムのスリップ
  三、スライド・スイッチ(オートリバース)の機能不全

 なお、本資料記事の従前作業に関しましては、『ナカミチメカを分解する(二)』に於いて言及しております。



 以下に掲載した画像中のワッシャーは、当然ながら絶縁目的ではありません。個体差に依るものと伺っておりますが、一部のナカミチメカに於いて、そのギア機構が2枚あるシャーシ面に接触する惧れのあるものが存在するらしく、製造工場の判断から必要と思われるメカに対し、ワッシャーにて此れを是正する対策が講じられているそうなのです。つまり、このワッシャーには、メイン・シャーシとサブ・シャーシの間隔をその厚み分だけ拡張し、ギア機構との干渉を未然に防ぐという目的があるのです。
200704 Blog用掲載画像-02

 なお、当方に措いては、ギア機構がシャーシ面に接触する惧れについて、RX-505に限定された問題なのかどうかを未だ確認しておりません。但し、当方が2機保有している680ZXには、この様なワッシャーは無かったと記憶しています。



 ナカミチメカ本体を組み立てる際、このワッシャーの装着を失念してしまい、改めて当該メカを分解する破目となりました。

【分解メンテナンスの留意点】
 ワッシャーが存在する本機は、製造工場で前述の不具合の発生を危惧した個体である事を物語っています。この為、ナカミチメカ本体を組み立てる際には、このワッシャーを必ず装着しなければなりませんやり直しが億劫だからという理由で、勝手に此れを間引いてはいけないのです。
200704 Blog用掲載画像-03200704 Blog用掲載画像-04

 とは言うものの、ナカミチメカ本体の分解メンテナンスの度に、ワッシャーの装着をまた忘れてしまうのではないかという不安があります。ワッシャーを装着する目的は、当方の経験値から計る事の出来なかった意外且つ重大なものでしたが、パーツ自体の存在感は其れに反比例して余りにも小さ過ぎるのです。

***********************************************************************

<前出資料記事の補充説明>
 前出資料記事において言及したナカミチメカ本体の分解作業時に鳴った衝撃音につき、680ZXの画像を用いて再検証します。この衝撃音は、①ブレーキ・ドライブ・アームが②コントロール・カムから外れるその瞬間に鳴っています。
200704 Blog用掲載画像-05200704 Blog用掲載画像-06200704 Blog用掲載画像-07

 さて、上に掲載した画像をご確認頂き、どの様な事について思いを巡らされたでしょうか…。

 ナカミチメカ本体を組み立てる際は、この真逆を再現しなければなりません。当方は、この衝撃音の鳴る仕組みを何度も確認したお蔭で、ナカミチメカ本体を組み立てる手掛かりを掴みました。ナカミチメカ本体の組立方法については、別途資料記事を作成した後、改めて本ブログ上に於いて掲載する予定です。作成期間としてお時間を頂戴する事になりますが、今しばらくお待ち下さい。

***********************************************************************

 このワッシャーが存在しない本機種をお持ちの方は、前述の不具合の発生について、その心配は不要と思われます。ワッシャーが存在する個体は、そう多くはないと聞いておりますので、本機を保有している当方は少し運が無かったのかもしれません。一方で、謎のワッシャーを装着した個体について学ぶ切っ掛けになった事を踏まえると、満更悪い気持ちでもないのです。


 次回掲載する資料記事においては、今般分解メンテナンスの事由の1つとして挙げている“アイドラーゴムのスリップ”に対して具体的な処置を施していきたいと思います。


 それではまた何時の日か、別途掲載記事にてお目に掛かりましょう。さようなら…。  



〔次回のお知らせ〕
 只今、この度掲載した資料記事の続き物となる『(仮題)アイドラーゴムを分解清掃する』について、その構成案を検討しております。つきましては、誠に恐れ入りますが当資料記事の作成期間として多少のお時間を頂戴致したく、予めご了承頂ければ幸いです。 (''*) ニパッ♪
 なお、現在本ブログに掲載している一連の資料記事及びその関連記事については、以下の通りです。是非、一度閲読くださいませ。


 (RX-505 分解メンテナンス・シリーズ)
    掲載第1号/資料記事『ナカミチメカを取外す<其の壱>
    掲載第2号/資料記事『分解メンテナンスの留意点
    掲載第3号/資料記事『ナカミチメカを取外す<其の弐>
    掲載第4号/資料記事『コネクターの取扱い
    掲載第5号/資料記事『ローディング・メカを切離す
    掲載第6号/資料記事『カセットホルダーを引出す
    掲載第7号/資料記事『キャプスタン・ベルトを取外す
    掲載第8号/資料記事『コントロール・ベルトを取外す
    掲載第9号/資料記事『ナカミチメカを分解する(一)
    掲載第10号/資料記事『ナカミチメカを分解する(二)
    掲載第11号/資料記事『ナカミチメカを分解する(三)』

以 上

【本記事をご参照される閲読者様方へ】
 本資料記事の内容に従いメンテナンスを図ろうとする方は、全てのご判断と生じる結果に対し、ご自身でその責任を甘受しなければならない事を予めご承知おき下さい。“自己責任”は、インターネット上で無償公開されている情報を利用する者にとっての最低限の〝マナー〟なのです。

Nakamichi RX-505 ナカミチメカを分解する(二)


 いよいよ、ナカミチメカ〔通称:Nメカ〕本体を分解して参ります。この作業は、ナカミチメカを構成する2枚のシャーシ・ユニットを切り離す事にあります。

200620 Blog用掲載画像-01




 本資料記事は、以下の不具合を是正する目的で、2018年10月20日より着手していた分解メンテナンスに関して、当方の備忘録として備える事を念頭に、その作業手順に従い主要な工程毎の画像を掲載し、此れに説明文を加えて作成された〝一続きの読み物〟になります。


 〔不具合の内容〕
  一、キャプスタン・モーターの鳴り
  二、アイドラーゴムのスリップ
  三、スライド・スイッチ(オートリバース)の機能不全

 なお、本資料記事の従前作業に関しましては、『ナカミチメカを分解する(一)』に於いて言及しております。




 本作業へ着手する前に、ギアが定位置にある事をチェックする目的から、コントロール・カムが以下に掲載した画像の示す方向へ回転しない事を確認します。当該カムが回転しなければ、正常な「停止」位置にあると断定出来る為、この状態を基準にして本作業へ取り掛かります。

200620 Blog用掲載画像-02200620 Blog用掲載画像-03


 それでは、ナカミチメカのメイン・シャーシ・ユニットとサブ・シャーシ・ユニットを切り離します。これ等のシャーシを一体化しているビスは、全部で6本あります。早速、全てのビスを取り外しましょう…。


【分解メンテナンスの留意点】
 以下に掲載した画像上の二重丸(3ヶ所)で示すビスは、その頭の形状が他のものと違いますので、異なるビス穴へは絶対に戻さない様に注意して下さい。前出資料記事に於いて、その都度言及している事ですが、〝ビスは元の場所へ戻す〟のが鉄則なのです。
200620 Blog用掲載画像-04

 サブ・シャーシにあるプラスチック製フックに掛かったスプリング3本を、当該シャーシ側のみ取り外します。対抗するメイン・シャーシ側は、取り外さずそのまま放置しておいて下さい。このスプリングを取り外すに当たって使用した道具は、キャプスタン・ベルト等を除去する際にも用いた事のある〝スプリング・フック〟を利用致しましたが、自作の用具を使用したとしても全く問題はありません。但し、当該スプリングの引く力〔弾性力〕はとても強いので、今回に限り商品化された道具をご使用頂くのが安全だと思います。
200620 Blog用掲載画像-05200620 Blog用掲載画像-06200620 Blog用掲載画像-07

【分解メンテナンスの留意点】
 本機種を購入してから、メーカー所定のメンテナンスを一度も受けていない場合、何らかの衝撃でスプリングが外れない予防策として、プラスチック製フックの先端部がスプリングの端部と共に弾性ボンド(ソニーボンド)で固められているものと思います。その際は、精密ドライバー〔-〕等を用いて、事前に固着した弾性ボンドを除去しなければなりません。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
<ソニーボンド>
 本機種を販売するに際して、旧通産省の電気用品としての安全検査を受けた際、運搬中にスプリングが外れる可能性を指摘され、この様な対応になったと聞いています。しかしながら、このボンドは、経年変化で酸化すると基板に断線等の悪影響を与えるという理由から、後に住友スリーエム様が製造する品(白色のボンド)へ変更されたそうです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
 なお、固着した弾性ボンドを除去する時は、以下に掲載した画像の様に、フライホイール・ホルダーを予め取り外す事をお奨めします。プラスチック製フックに近い空間が広がる為、作業効率もきっと上がると思われます。
200620 Blog用掲載画像-08

 ビス6本とスプリング3本の全てを取り外せば、サブ・シャーシを持ち上げる事は可能になります。但し、リール・ハブを通す為のメイン・シャーシに開けられた穴の内径に、当該ハブを干渉させない様、目視しながら慎重に作業して下さい。また、サブ・シャーシを持ち上げる途中で、突然カチッ!と鳴る大きな音に驚くかと思います。この音は、①ブレーキ・ドライブ・アームが②コントロール・カムから外れた際に生じる衝撃音の為、全く心配する必要はありません。
200620 Blog用掲載画像-09

 今後の作業は、夫々のシャーシへ取り付けられた部品を撤去するだけですので、余り迷う事無く比較的簡単に取り扱えるものと思います。しかしながら、メカを正しく組み立てる手順やその留意点は、分解作業中においてのみ見出せるものが多い為、盲目的な作業は控え、慎重且つ丁寧に時間を掛けながら本作業へ当たらなければなりません。

 この段階まで来ると、今般分解メンテナンスも漸く折り返し地点を通過した感じがします。次回掲載する資料記事においては、ナカミチメカ本体に装着されていた〝ワッシャー〟について言及します。(短文記事になる予定)


 それではまた何時の日か、別途掲載記事にてお目に掛かりましょう。さようなら…。 



〔次回のお知らせ〕
 只今、この度掲載した資料記事の続き物となる『(仮題)ナカミチメカを分解する(三)』について、その構成案を検討しております。つきましては、誠に恐れ入りますが当資料記事の作成期間として多少のお時間を頂戴致したく、予めご了承頂ければ幸いです。 イヤテ…。 (*ノ∇)ゝ
 なお、現在本ブログに掲載している一連の資料記事及びその関連記事については、以下の通りです。是非、一度閲読くださいませ。


 (RX-505 分解メンテナンス・シリーズ)
    掲載第1号/資料記事『ナカミチメカを取外す<其の壱>
    掲載第2号/資料記事『分解メンテナンスの留意点
    掲載第3号/資料記事『ナカミチメカを取外す<其の弐>
    掲載第4号/資料記事『コネクターの取扱い
    掲載第5号/資料記事『ローディング・メカを切離す
    掲載第6号/資料記事『カセットホルダーを引出す
    掲載第7号/資料記事『キャプスタン・ベルトを取外す
    掲載第8号/資料記事『コントロール・ベルトを取外す
    掲載第9号/資料記事『ナカミチメカを分解する(一)
    掲載第10号/資料記事『ナカミチメカを分解する(二)』

以 上

【本記事をご参照される閲読者様方へ】
 本資料記事の内容に従いメンテナンスを図ろうとする方は、全てのご判断と生じる結果に対し、ご自身でその責任を甘受しなければならない事を予めご承知おき下さい。“自己責任”は、インターネット上で無償公開されている情報を利用する者にとっての最低限の〝マナー〟なのです。

運営者から一言

我 流

Author:我 流
 高度な情報社会となったお蔭で、過去の想い出が沢山詰まった不動のオーディオ達を、幸いにも甦らせる事が出来ました。これ等を粗大ゴミとして破棄せず、常に傍らに置いて保管し続けた事が無駄ではなかったと、心から思えた瞬間です。
 今後とも、これ等の可動状態を維持すべく、より一層〝我流〟に磨きを掛けていきたいと考えています。

 そうそう…、
 小学生当時に録音した楽曲を聴くと、本当に心が和みます。年齢を重ねる度に〝ノスタルジック〟に浸るひと時が、幸せに感じてしまう今日この頃です。

自己責任のお願い

本ブログへ掲載した情報に従い、修理等を図ろうとする閲読者様方については、全てのご判断と生じる結果に対し、ご自身でその責任を甘受しなければならない事を、予めご了承下さいます様、よろしくお願い申し上げます。「自己責任」は、ネット上で無償公開されている情報を利用する者にとっての最低限のマナーなのです。         我 流

ご来訪者数

上記来訪者数は、平成31年4月30日に閉鎖したYahoo!ブログ上における本ブログの来訪者数が含まれております。【閉鎖時の来訪者数:852件】

検 索 欄

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

BLOG RANKING サイト

にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
本ブログを閲読下さいました皆様方の中で、掲載された記事に関して評価に値するとお考え頂けた際には、誠に恐縮ではございますが、上記のロゴマークをクリック(ランキング一覧が表示されます。)して、何卒ご声援の程賜りたく、宜しくお願い申し上げます。      我 流