日産 LEOPARD モノタロウで自動車部品を購入した所、


 未だ、その商品が当方自宅に届きません。


 モノタロウ様は、恐らく販売する自動車部品を在庫管理しておらず、お客様との売買契約が成立した後に、その目的物をメーカー様から調達しているものと思われます…。




 今月10日、モノタロウ様のサイトに於いて、以下へ記載している自動車部品を当方自宅に一時保管するつもりで購入致しました。全ての部品は、愛車レパードに適合する品物ばかりです。


 <購入した自動車部品>

   燃料ポンプ〔17042-F6500〕/販売価格:金43,340円   ………………………… 1個

   ウインカー・リレー〔25731-AG01A〕/販売価格:金4,092円 ………………… 1個

   アンテナ・ロッド〔28215-F6506〕/販売価格:金5,071円  …………………… 1個


210418 Blog用掲載画像①

 この内、燃料ポンプの“17042-F6500”は、既に販売中止となっており、ディーラー様に於いてもその在庫はありません。その燃料ポンプが、モノタロウ様で入手出来るのですから、当方の期待感は鼓動が高鳴る程に盛り上がりました。



 それなのに…、

 モノタロウ様から送信された電子メールを拝見すると、

210418 Blog用掲載画像②-01

 「メーカー廃番商品のため、お届けすることができなくなりました。」というのです。燃料ポンプの“17042-F6500”は、この度注文した中で最も入手したかった商品だった為、この予想していなかった突然の早いお知らせに、もうショックを受けました。当方が注文してから、モノタロウ様の第2営業日目に於いて送信されたキャンセル・メールが暗示するものは、当該商品の調達努力が十分に行われていない事実の裏付けとしか思えず、本当に呆気に取られてしまいました。せめて、1週間程度は当該商品の調達に費やしてほしかったと考えています。 ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆ ケシカラン!!



 商品を自社の倉庫で管理せず、お客様を勧誘する商売方法は、よるある話です。売買契約が成立してから商品を調達する以上、引渡日にその履行が行われずトラブルへ発展する事例も、よく聞く話です。だからこそ、商品を持たずに商売する法人等は、その引渡しに心血を注ぐものなのです。



 この翌日に…、

 当方が落胆している中、悪いお知らせが届きました。

210418 Blog用掲載画像②-02

 何と「現在ご注文受付を中止させていただいている商品のため、お届けすることができなくなりました。」というのです。ウインカー・リレーの“25731-AG01A”までもが、取扱中止となったのです。しかしながら、販売サイトに当該商品を掲載しておきながら、“現在ご注文受付を中止させていただいている商品のため…”とは、大変失礼な言い分です。 Ψ(`皿´;)Ψ コルァァァ!!


 そして、また悪いお知らせが届きます。

210418 Blog用掲載画像②-03

 「ご注文商品の出荷に遅れが生じておりますのでお知らせいたします。」との事でした。アンテナ・ロッドの“28215-F6506”は、ディーラー様に於いて現在11個の在庫があるものの、残念ながら再入荷の予定が立っておりません。つまり、このまま廃番になる惧れもあるとディーラー様から伺っていますので、モノタロウ様を信用して7日も遅延している出荷をお待ちしていても、本当に良いものかどうか大変難しい判断を只今迫られています。


 と言うのは、モノタロウ様への注文に関して本音はキャンセルしたいものの、当方申入れを受け付けて貰えない状況がある為、ディーラー様からアンテナ・ロッドを購入するにも、最悪2個保有する勇気を持たねばならないのです。 ヒイィィ!! (゚ロ゚ノ)ノ



 何れにせよ…、

 成約してから3日以内に出荷する事を条件として、モノタロウ様が自社で管理する販売サイトで売買の申入れを行っておきながら、尽く自身から反故にする姿勢については、安に容認出来るものではありません。商品を製造するメーカー様が、販売する品を廃番とする場合、その情報等を関係各所へリリースするのが一般的です。モノタロウ様は、取扱商品のあらゆる情報を常に収集して、その内容を自社で管理する販売サイトへ適宜反映しなければならない信義上の立場にあるはずなのですが、どうもその努力を怠っている模様です。東証一部上場会社が運営している店舗としては、少々お粗末な管理体制ではないでしょうか。 (*`◇´*)/ 業務改善!!



 それではまた何時の日か、別途掲載記事にてお目に掛かりましょう。さようなら…。




<余 談>

 同型の燃料ポンプ〔17042-F6560〕にも拘らず、部品番号の〝ハイフン(-)〟の有無の違いから、モノタロウ様の当該商品の取扱表示について、真っ向から食い違う2つの画像を掲載するのは、最早滑稽ではないでしょうか。

210418 Blog用掲載画像③-01210418 Blog用掲載画像③-02

 17042-F6560は、愛車レパードに適合する燃料ポンプです。本当に入手出来るなら、喉から手が出る程の当方が欲する自動車部品なのです。当方が注文しても、数日でまたキャンセル・メールが届く惧れがあり、支払った金額の返金確認をする当方の負担のみが残されるという結果となり得る為、此れを購入する決済手順をどうしても進める気にはなれないのです。 ヾノ∀`) ムリムリ。


 一体、この燃料ポンプは取り扱っているのか、…いないのか、どっちが本当なのでしょうか。勿論、当該ポンプは、既に廃番となっており、ディーラー様に於いても在庫が無い商品です。


以 上


<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>


<後日談> 21.04.22 追 記


 本日、アンテナ・ロッド〔28215-F6506〕が、自宅へ届けられました。

210422 Blog用掲載画像④-01210422 Blog用掲載画像④-02210422 Blog用掲載画像④-03

 燃料ポンプ〔17042-F6500〕及びウインカー・リレー〔25731-AG01A〕は、調達不能を理由にして、モノタロウ様からキャンセルされました。


 アンテナ・ロッドは、全部で2個届いています。 Ψ(`∀´)Ψ ウケケケッ。

210422 Blog用掲載画像⑤

 タグの貼られた手前のアンテナ・ロッドは、当方がディーラー様を通じて入手出来た部品です。18日にディーラー様へご注文して、19日に自宅へ届けられました。


 当方に措いては、モノタロウ様を利用するメリットが、未だ見当たりません。 "\( ̄^ ̄)゙ ハイ!


以 上


上場廃止、オンキヨー様のその先にあるもの


 今まで、上場廃止を取り沙汰された企業には、有価証券報告書への虚偽記載やその提出遅延等の様々な理由がありましたが、単純に「債務超過」だという事になれば、その行く先で見える景色はかなり違うものになります。


 三菱自動車様や神戸製鋼様が犯した“試験成績表”の改竄で指摘された「企業統治」の問題とは、次元の違うダメージがあるのです…。


210403 Blog用掲載画像



 業績不振での債務超過が原因で上場廃止になったなら、それはあらゆる資金調達が結果的に失敗した事を暗示する破目となります。


 オンキヨー様は、債務超過からの脱却を図る為の資金調達について、主要な取引銀行から十分な協力を得られなかったご様子で、幾つかの投資ファンドへ新株予約権を発行し、またデット・エクイティ・スワップ〔DES〕を用いた新株発行も行いながら、綱渡りな資金繰りで何とか窮地を乗り越える努力をしていた模様ですが、土壇場になって新株予約権を割り当てられたエボファンド様が左記の権利の行使(出資)はしないと判断され、とうとう本年7月下旬頃に“上場廃止”となる公算が高くなりました。


 エボファンド様の新株予約権を行使しないという決定を聞いたオンキヨー様の経営陣の落胆振りが、もう目に浮かぶ様です。 ヾ(´囗`)ノ ドンマイ!!




 上場廃止後のオンキヨー様は、一体どうなってしまうのか…。


 非上場会社様が、「非上場会社」として事業展開する場合と異なり、債務超過で上場廃止となったオンキヨー様はあらゆる面で劣勢に立たされます。


 オンキヨー様の部品の仕入れ先は、お取引きを停止するかもしれません。金融機関からの新たな融資は、なかなか望めないはずです。オンキヨー様へ出資していた投資ファンドは、前述した窮地を好機と捉え、その動きを活発化する惧れもあります。 ヽ(o`皿′o)ノ ヤメロー。


 何れにせよ、オンキヨー様の財務内容が、信用低下を招く債務超過である以上、今後の事業展開は危ぶまれる状況です。



 頑張れ、オンキヨ~!! と再び言いたい所ですが、最早儚く聞こえてしまいます。



 オンキヨー様に於いては、緊急融資の調達に未だ奔走されているものと考えられます。上場廃止となるまであと数ヶ月はありますので、諦めずにガンバッテほしいものです。 (*`◇´*)/ ハーイ♬



 それではまた何時の日か、別途掲載記事にてお目に掛かりましょう。さようなら…。




〔お知らせ〕

 本資料記事に関連するオンキヨー様が発表したIRは、以下の内容の通りです。是非一度、閲読下さいませ。


  本年3月31日付「上場廃止基準抵触の見込みに関するお知らせ


以 上


日産 LEOPARD フロント・ブレーキを予防整備する


 先月下旬に、リヤ・ブレーキに対するオーバーホール〔詳しくは、表題「リヤ・ブレーキを修理する」をご参照下さい。〕を実施した事で、今月6日から始まっていた法定24ヶ月点検〔車検〕に併せて、フロント・ブレーキのオーバーホールも行いました。

 フロント・ブレーキの故障は、全く見受けられなかったのですが、昨年の法定12ヶ月点検の折に、大変いつもお世話になっているディーラーのメカニックの方からハブベアリングのグリス交換を推奨する旨のご提案があったのです…。


 在庫の無いシールキット〔詳しくは、表題「メーカー修理部品の在庫確認<その弐>」をご参照下さい。〕は、ディーラー様のお取引先であるブレーキ専門の整備会社様が保有していた適合品を使用して、ピストンやピン類は発錆の有無を確認した後で再利用致しました。また、ディスクローターに関しましては、偏摩耗があるであろうと思われたので、ローター研磨機で一度平滑に整えて下さる様にご依頼しています。この度のオーバーホールは、ピストンの発錆度合が酷い場合、表層面の軽い錆落としでは済まなくなる為に、作業途中でも此れを断念する覚悟を持って行いました。そもそも、ブレーキ・キャリパーのピストンは、密閉性を保つ為にも研磨すべきではないのです。ピストンの在庫がある場合は、是非当該部品を取り寄せて交換して下さい。

 ブレーキ・キャリパーのオーバーホールキットは、両輪1セットにて包装されています。故に、キャリパー及びディスクローターのオーバーホールに掛かった費用は、材工共で金53,000円程度になりました。リヤ・ブレーキのオーバーホールと比較すると、部品の一部再利用を許したフロント・ブレーキの方が、やや安価に収まっています。


 さて、

 フロント・ブレーキをオーバーホールした折の作業内容は、以下の通りです。なお、本項の掲載画像は、日産の整備主任者様のご協力を得て、デジタルカメラにて撮影頂きました。この場を借りて、深くお礼申し上げます。


 フロント・タイヤを取り外して、ブレーキを分解しました。
210327 Blog用掲載画像①-01210327 Blog用掲載画像①-02

 ディスクローターには、錆が見受けられます。
210327 Blog用掲載画像②-01210327 Blog用掲載画像②-02

 ハブベアリングは、劣化したグリスと汚れが固着しておりましたが、幸にも異常は見られませんでした。
210327 Blog用掲載画像③-01210327 Blog用掲載画像③-02

 ブレーキ・キャリパー等を元へ戻して、オーバーホールの完成です…とその画像を掲載する所、整備主任者様が、うっかり撮り忘れてしまったそうです。 ( ( (_ _|||) ) ) どよぉ~ん。


 リヤ・ブレーキの場合と異なり、フロント・ブレーキのオーバーホールでは、ピストンやピン類を再利用致しましたので、“オーバーホール”という記載には若干の偽りを感じています。それでもなお、在庫の無かったシールキットが適合品で対応出来た事は、唯一の救いになりました。

 これにて、愛車レパードの“足回り”に対する一連の点検・整備は、全て終了です。2018年4月から修理に掛かった累積費用は、金510,000円に上ります。次は、何処が故障するのか待ち構える他ありませんが、暫くの間は勘弁してほしいものです。


 それではまた何時の日か、別途掲載記事にてお目に掛かりましょう。さようなら…。




〔余 談〕

 昨夜、愛車レパードが、車検を終わらせ当方駐車場へ戻って参りました。スケジュール上では、24日にご返却の予定でしたが、前述のメカニックの方のご都合が悪くなったという事で、26日に延期となっておりました。

210327 Blog用掲載画像④b


 明日は、いよいよドライブを兼ねて、食品のお買い物へ行って参ります。 ( ̄∀ ̄) ニヤリッ☆


以 上


|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


〔お知らせ〕

 現在、本ブログへ掲載された一連の資料記事及びその関連記事は、以下の通りです。是非、一度閲読下さいませ。


(LEOPARD ブレーキのメンテナンスシリーズ)
    掲載第1号/雑編記事『ゴーと異音がしたら足回りの故障?
    掲載第2号/雑編記事『リヤ・ブレーキを修理する
    掲載第3号/資料記事『メーカー修理部品の在庫確認<その弐>
    掲載第4号/雑編記事『フロント・ブレーキを予防整備する』

以 上


追 記21.03.29

 リヤ・ブレーキのオーバーホール後の愛車レパードの運転に於いて、その効き具合が一変しており、不安感を覚えた主旨の雑編記事を過日掲載しましたが、28日の運転では、ブレーキを掛けた際のフィーリングは元へ戻っておりました。


 大変いつもお世話になっているディーラーのメカニックの方曰く、「オーバーホールしていないブレーキがあったので、効き具合のバランスが悪かったのかもしれません。」との事でした。



 当方の主観ですが…、

 ブレーキのオーバーホールに関しては、四輪全てを同時に行うのがベストだと思います。


 オーバーホールしたブレーキ・キャリパー及びディスクローターです。キャリパーが、銀色に輝いて存在感を示しています。

210327-Blog用掲載画像⑤-01追210327-Blog用掲載画像⑤-02追


 でも…、

 ディスクローターには、早くも発錆が見られました。 Σ(- -ノ)ノ マジカヨ!!


以 上


運営者から一言

我 流

Author:我 流
 高度な情報社会となったお蔭で、過去の想い出が沢山詰まった不動のオーディオ達を、幸いにも甦らせる事が出来ました。これ等を粗大ゴミとして破棄せず、常に傍らに置いて保管し続けた事が無駄ではなかったと、心から思えた瞬間です。
 今後とも、これ等の可動状態を維持すべく、より一層〝我流〟に磨きを掛けていきたいと考えています。

 そうそう…、
 小学生当時に録音した楽曲を聴くと、本当に心が和みます。年齢を重ねる度に〝ノスタルジック〟に浸るひと時が、幸せに感じてしまう今日この頃です。

自己責任のお願い

本ブログへ掲載した情報に従い、修理等を図ろうとする閲読者様方については、全てのご判断と生じる結果に対し、ご自身でその責任を甘受しなければならない事を、予めご了承下さいます様、よろしくお願い申し上げます。「自己責任」は、ネット上で無償公開されている情報を利用する者にとっての最低限のマナーなのです。         我 流

ご来訪者数

上記来訪者数は、平成31年4月30日に閉鎖したYahoo!ブログ上における本ブログの来訪者数が含まれております。【閉鎖時の来訪者数:852件】

検 索 欄

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

BLOG RANKING サイト

にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
本ブログを閲読下さいました皆様方の中で、掲載された記事に関して評価に値するとお考え頂けた際には、誠に恐縮ではございますが、上記のロゴマークをクリック(ランキング一覧が表示されます。)して、何卒ご声援の程賜りたく、宜しくお願い申し上げます。      我 流