NAGAOKA 新製品のカセットテープを使用して…


 ヨドバシカメラ様の通販サイトで購入したナガオカ製カセット・テープ(CTシリーズ)が、本日我家に無事到着致しました。7月22日に本商品を注文したところ、メーカー手配の扱いとなった事から、此れを入手するまでに少々時間が掛かってしまいました。

190726 Blog用掲載画像-01

 その商品名は、「CT90」です。ヾ(⌒∇⌒)ノ ワ~イ

190726 Blog用掲載画像-02

190726 Blog用掲載画像-03

 メイド・イン・ジャパンと明記されています。 v ( ̄∇ ̄) ニヤリ…。

190726 Blog用掲載画像-04

 テープの色合を、新旧比較してみましょう。 (゚◇゚)ノ はぃ。

 残念ながらリードテープを除くと、全く見分けが付きません。本当に、リニューアル・テープなのでしょうか…。

190726 Blog用掲載画像-05

 ナカミチ 680ZXを利用して、その感度等を確認してみましたが、期待していた録音レベルの安定性は改善されておらず、旧製品の「CC」シリーズと比較しても、その性能に大差無く感じました。販売価格が、金30円以上も値上げとなっているのに ヽ( )`ε´( )ノ ブ~ブ~ です。


 もう、意気消沈です。短い間でしたが、久し振りにウキウキした気分で居られた事を感謝する他ありません。とは言え、当方がお気に入りだったカセット・テープ(CCシリーズ)のリニューアル版に間違いはありませんので、必要な折にまた購入したいと思います。



 それではまた何時の日か、別途掲載記事にてお目に掛かりましょう。さようなら…。




 おやおや、〝バリ〟がある様ですね。 ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆ ケシカラン!!

 ハーフの精度は、決して高くありません。

190726 Blog用掲載画像-06




(あとがき)

 本記事に関しては、此れに掲載する特性データを用意しておりましたが、当資料を掲載した内容に無味乾燥を覚えた為、当該データの使用を急遽取り止めました。本記事の内容は、結果的に主観を基調とした根拠の欠くものとなりましたが、閲読者様方が表題テープを購入し、一度録音・再生してみようと触発頂けたなら、本記事を掲載した価値はあったと思います。


 昔、友人から「欧米人は聴感を大切にし、日本人はスペックを大切にする」と聞かされました。過去を振り返ってみると、当方にも恥ずかしながら身に覚えがあります。今後、当方がカセット・デッキを購入する事はないでしょうが、テープぐらいは好みで選びたいものです。


以 上


運営者から一言

我 流

Author:我 流
 高度な情報社会となったお蔭で、過去の想い出が沢山詰まった不動なオーディオ達を、幸いにも甦らせる事が出来ました。これ等を粗大ゴミとして破棄せず、常に傍らに置いて保管し続けた事が無駄ではなかったと、心から思えた瞬間です。
 今後も〝我流〟に磨きを掛けて、可能な限りこれ等を可動状態で維持すべく、より一層経験を積んで参りたいと考えております。

 小中学生当時に録音した楽曲を聴くと、本当に心が和みますね…。
 年齢を重ねる度に〝ノスタルジック〟に浸る一時も、大切にしなければならないと感じております。

〔追 記〕

 ヤフーブログ様が、本年12月15日付で閉鎖される為、改元前日をもちまして、FC2ブログ様へ本ブログの運営を移管する事と致しました。閲読者様方に措かれましては、誠に恐れ入りますが、引続き本ブログへのご高配を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

パソコン時計

自己責任のお願い

本ブログへ掲載した情報に従い、修理等を図ろうとする閲読者様方は、 全てのご判断と生じる結果に対し、ご自身でその責任を甘受しなければならない事について、改めてご確認下さいます様、よろしくお願い申し上げます。「自己責任」は、ネット上で無償公開されている情報を利用する者にとっての最低限のマナーです。           我 流

順 位

[ジャンルランキング]
ライフ
1522位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
62位
サブジャンルランキングを見る>>

ご来訪者数

当該者数は、平成31年4月30日に閉鎖したYahoo!ブログ様における本ブログの来訪者数を起算点としております。【閉鎖時の来訪者数:852件】

検 索 欄

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BLOG RANKING サイト

にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
本ブログを閲読頂きました皆様方の中で、掲載された記事に関して評価に値するとお考え下さる際は、誠に恐縮ではございますが、上記のロゴマークをクリック(ランキング一覧が表示されます。)して何卒ご声援賜りたく、よろしくお願い申し上げます…。         我 流